事故時は弁護士に相談

交通事故に不運にも遭遇してしまい体に後遺症が出てしまうような場合には、後遺障害の認定を行って、それに応じた保険金を取得することが可能になります。しかし、交通事故にあったからと言って自動的に保険金を手に入れることが出来るわけではありません。交通事故にあったことと、それによって後遺障害が生じてしまったことを明確に証明することが必要になります。

 

どのように書類をそろえれば自分にとって有利になるのかを自分でもちろん調べることもできますが、法律の専門家である弁護士さんに相談をすると明確な回答をすぐに返してもらえます。時間的な部分も考慮に入れると、弁護士さんに相談してから必要書類をそろえるというやり方の方が、効率がいい場合が多くなります。医学的に後遺障害について証明をする場合には医者の診断書が有効ですが、実際にはどのような記載が保険金有利に獲得するには適しているのかを医者は知らないことが多いので、診断書についても弁護士さんに相談して、ひな形を作ってもらってから診断書の依頼をしたほうがスムーズに手続きが進むことが多くなります。

 

後遺障害の認定には等級があります。等級のランクが変わると得られる保険金の額も大幅に変わってきますので、後遺障害や事故証明に関する証明書を作る際には弁護士さんに相談をして、法律上不利にならないような最新のケアが必要になります。手続きに自信がない場合には弁護士さんに依頼すれば代行をしてもらうことも可能です。