弁護士だけが味方

保険金を自分のお金で払っているので、保険会社は事故時に被保険者にとって見方であると思っている方は多いかもしれませんが、必ずしも100%味方になってくれるわけではありません。なぜならば、保険会社はビジネスとして保険業務を営んでいるからです。したがって、保険金を全く払わないことはありませんが、保険金の支払額をできる限り少なくしようとするケースが増えてきます。

 

更には自分が被害者の場合には加害者の方にも保険会社が存在することが大部分ですので、その場合も加害者側の保険会社も同様のことが起きてしまう可能性が出てきます。最悪の場合には、保険会社通しのなれ合いのようなことも起きてしまい、双方の保険会社のメリットだけを考えた保険金支払いの手続きが行われてしまうようなこともしばしばです。

 

このような状態の時には、いくら保険会社にクレームをつけてもらちがあきません。いたずらに時間だけが経ってしまうこともしばしばです。このような最悪のケースを避けるためにも弁護士さんへの相談・依頼はしておいた方がいいと言えます。弁護士さんは法律に基づく良心の観点から事案に取り組んでくれますので、決して被害者の方が保険会社の都合によって泣き寝入りするようなことがないように対応してくれます。